美脚・美肌・美容

美脚を目指している人の目標について

美脚を目指している人の目標について

きれいな脚を手に入れたいという人はいったい何を目標にすればいいのか、まずは美脚とはどういうものなのかということを考えてみましょう。美脚とは見た目にも美しい脚をしていることなのですが、具体的に定義してみると、正面から見たときに太もも、膝、ふくらはぎ、くるぶし、さらに親指までがつくこと、太さのバランスが整っていること、脂肪と筋肉のバランスがよくきれいな肌をしていることです。太もも、膝、ふくらはぎ、くるぶし、親指がつくことは理想的ですが。なかなか親指はつきません。とりあえず親指以外の4点がつくように目指してみるといいでしょう。脚の太さのバランスについては比率が存在しています。太ももが身長に対して10分の3センチ、ふくらはぎが身長に対して5分の1、足首が身長に対して25分の3が黄金比率と呼ばれています。自分の足の太さを調べて御徒町 美容室この数字に近くなるか試してみてください。むくんでいたりすると数字はまったく違ってきてしまいますのでできるだけむくみのない時間に測るようにしてください。脚は筋肉だけではゴツくなるだけです。適度に脂肪もあると質感もやわらかくなり、肌もきれいに見えますのでただ鍛えるだけというのは避けないといけません。まずはこういった定義に従って、数字が近くなるように脚を整えていくといいでしょう。数字がすべてというわけではありませんが、毎日のケアをするときの目標のできますので美脚作りのために役立てることができるはずです。
美脚にあこがれる女性は、その美脚を得るための努力を行わないといけません。何もしないで手に入れられるものでもありませんし、ただダイエットをしているだけでも手に入りません。自分の手で行えることを最大限に行うことで、きれいな足を手に入れるということもできます。まずは脚のマッサージからです。人間の体の中でもっとも心臓から遠いのは右足です。脚のマッサージは老廃物を流すために行いますが、心臓から遠い右足は最も老廃物のたまりやすい場所です。脚の裏と脚の付け根にリンパ節があるため心臓に向かうようにマッサージを行います。右足が終わったら左足も同じようにリンパをマッサージしてあげてください。マッサージで行えることはむくみの解消、老廃物を流すということですが、それだけでは美脚にはなりません。きれいな脚にすためには鍛えるということも大事です。鍛えるといってもスクワットのような筋トレとは違い、バランスを整えるために鍛えます。脚の内側というものは非常に鍛えにくく、どうしても外側のほうがたくましくなりがちです。太ももの内側を鍛えてあげると脚全体のバランスがよくなりきれいな脚になります。枕を内ももに挟んでしっかりと閉じて落とさないようにすると内側を鍛えることができます。女性はO脚の人が多く、立っていると見栄えが悪いという人を見かけます。普段の姿勢や立ち姿でO脚やX脚になりますので、脚を組んだ座り方や割り座のような骨がゆがむような座り方には注意してください。

ホーム RSS購読 サイトマップ