美脚・美肌・美容

末端に冷えを感じたときにはまず内臓を温める

末端に冷えを感じたときにはまず内臓を温める

寒い季節になると体の冷えを感じるようになります。特に冷えやすい箇所は末端です。手の指先、足の指先が一番冷えやすく、末端が冷えていると美容にもよくありません。人は寒さを感じると、熱を外に逃がさないようにするために脳が命令を出します。その命令によって血管は縮み、皮膚表面の温度よりも体内の温度を一定にするように働きます。細かい血管が走る指先は血管が縮むことで血液の流れが悪くなり冷えやすくなります。末端が冷えるということはそれだけ前進の血管が縮み体温を逃がさないようにしているからです。末端を暖めることができれば血液の流れがよくなり、それだけ内臓から送られる血液の量も多くなります。肌の再生に必要となる栄養も送られるようになり、寒い季節でも美肌でいることができるようになります。寒い季節に指先の冷えを感じるようなときにはまずは末端まで血液が送られるように体を温めるということが重要になります。体の中で体温を維持しないといけない優先順位は内臓です。お腹周りを温めてあげると血液は全身にいきわたりやすくなり、指先といった末端にも血液が送られるようになります。肌にも十分な血液が送られて、健康的な肌を維持できるようになります。寒いときに指先を温めようとこすり合わせる人もたくさんいますが、まずは内臓を温めてあげることが大事です。体の内部が暖まると自然と全身にも血液がめぐるようになりますので、まずは内臓をしっかりと温めることを意識しましょう。
同じ人間の肌でも頭皮は普通の肌とは違い特に敏感な場所です。普段から天神 美容室シャンプーを使って頭を洗っているという人は多いと思いますが、そのシャンプーには当然洗浄効果を持つもの、洗浄効果を高める化学的な成分が入っています。頭を洗うためには必要な成分ではありますが、毎日シャンプーを使って頭を洗っているとシャンプーに含まれている成分は確実に頭皮を傷めて行きます。頭皮は皮膚常在菌が存在していて、それが頭皮を保護する役割も担っているのですが、シャンプーを毎日続けていると皮膚常在菌もいなくなってしまい、完全に無防備な頭皮になってしまいます。毎日シャンプーを行うということが日課になっている人は一度その生活を見直してみるということも大事です。頭の洗いすぎは禿につながる可能性も秘めています。シャンプーの成分を見直す事、シャンプーの頻度を変えてみることで健康的な髪の毛が育つようになります。シャンプーは大体2日に一度のペースがいいといわれています。男性の場合は皮脂の量が多いため2日に1回では頭が汚れてしまうかもしれませんが、皮脂の量が少ない女性は毎日洗う必要って無いんです。もしもシャンプーを毎日行っているという女性がいるなら、少し回数を抑えて頭を洗っていくようにすると綺麗な髪の毛が生えてくるようになるかもしれません。いきなりペースを変えていくということができない人は意識的に1週間の内に4回とか3日のうち2回といったように回数をコントロールして行ってみましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ